スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Page top 

 『ユキノ・ララ・フェスタの日記』 

1533年9月18日

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1533年9月18日 リボルドウェ 快晴

新大陸での初仕事。
出会いは大切だと思った。

コインブラの港で挨拶を交わしたタルガ人の交易商ナジブ・シャリフさんと再会。
カレンは無愛想なわりに社交的で、知らない人ともすぐに打ち解けられる。
商店街ですれちがった時には旧友と再会したかのようだった。
相変わらずだ。

ナジブさんはリボルドウェを拠点に銃砲店を営んでいて、将来は骨董品も扱いたいらしい。
オポルト様式の箱について相談を受ける。
さっぱりわからず、ふたり揃って学のなさを披露してしまう。

そこでリボルドウェでは有名な収集家のベラさんに鑑定してもらう。
「オポルト出身なのにわからないの?」と言わんばかりの顔をされる。
ベレム作の茶箱だった。
言われてみればそんな気もするけど、見るのは初めてだったから仕方ない。
「茶箱など武門には不要だ」などと口走るカレンを止めるのに苦労した。

不慣れな街で右往左往したせいでナジブさんの店に戻ったのは陽が傾いてからだった。
ベラさんの住所は掲示板ですぐにわかったけど、実際にその場所を見つけるのは大変だった。
新大陸というと、だだっ広い荒野に掘っ建て小屋、なんて想像してたのが恥ずかしい。
コインブラもリボルドウェも立派な都会だった。
こんな都市がありながら、グラナド・エスパダにはまだまだ未開の地があるという。
どれほど広く、また危険なのだろうか?
不安がないと言えば嘘になる。

結局ただ茶箱を持ってうろうろしただけだったのに、ナジブさんは満面の笑みで迎えてくれた。
私たちを「シャキー」(発音にも綴りにも自信はない)とかなんとか呼んでくれた。
タルガ語で「兄弟」という意味の言葉らしい。
タルガ人の、というより、オルペシア人以外の知人を持つのは初めてだ。
新大陸の多様さに改めて気づく。

もらった報酬は少しだったけど、また仕事があれば声をかけてもらう約束をする。
明日にも商店街の仲間に紹介してくれるらしい。
これで仕事の依頼が来るようになれば生活も安定する、かも?

今、日記を書いていたら、先に横になっていたカレンが急に訊いてきた。
「あのタルガ人、名前なんだっけ?」
相変わらずだ。


スポンサーサイト

 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:0  Trackback:0  Page top 

 『ララ・フェスタ家の年代記』 

開拓家門

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1533年9月、カレンとユキノのララ・フェスタ姉妹は新大陸に上陸。
コインブラから馬車で一日の道程を経て、リボルドウェへ向かった。
この頃、レコンキスタ勅令に従い渡航した家門はすべてリボルドウェに送られていた。
ベスパニョーラ以外からの移民が多いコインブラでは新大陸拓殖株式会社や本国にとって都合が悪かったためと言われている。

リボルドウェに到着したララ・フェスタ姉妹は開拓支援本部長のリンドン男爵と面会。
オポルト系ではあったものの、父を3年戦争で亡くしていることから待遇はよかったという。
各種許認可を得て、たったふたりのララ・フェスタ家は開拓家門となった。

このとき、女王陛下から下賜されたのは、開拓許可と、剣一振り、小銃一丁だけだった。


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:0  Trackback:0  Page top 

 『ユキノ・ララ・フェスタの日記』 

1533年9月13日

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1533年9月13日 サンタマリア号船上 快晴

航海37日目。
船の揺れにも慣れ、潮騒に安らぎを感じるようになった。
しかし、この船旅も明日で終わる。

訛りの酷い水夫の大声に叩き起こされ甲板に上がると、水平線の彼方に陸地が見えた。
あれが新大陸グラナド・エスパダ。
私たちの希望の大地。

結局、この航海中に何度話し合っても、カレンは私の渡航を良しとしなかった。
もう引き返せないところまで来ているのに相変わらず頑固な姉だ。
未だに自分ひとりで家を再興しようとしている。
でも、私はやり遂げなければならない。
自分の力を証明し、カレンの力になる。

風の具合さえよければ明日は新大陸の玄関口コインブラに入港する。


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:0  Trackback:0  Page top 

 『ララ・フェスタ家の年代記』 

渡航前夜

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1520年、3年戦争に従軍していた騎士レオン・ララ・フェスタが戦死。
まだ幼い長女カレンが当主を継承した。
しかし、後見人を名乗る親戚によってララ・フェスタ家は領地と財産の多くを失った。

1523年、エスペランサ女王によるレコンキスタ勅令発布。
幼き当主は家門再興を新大陸開拓によって果たすことを誓う。

1532年、王都の士官学校を中退した、カレンの妹ユキノが帰省する。
姉カレンの新大陸行きに気づいてのことだった。
この頃、王党派支援を目的として、女王から開拓家門への援助が約束されていた。
カレン・ララ・フェスタはそれに目をつけていたのだった。

1533年、最後の財産である屋敷を売り、カレンとユキノは新大陸を目指した。
第3文明エラクの発見に沸き、新大陸の開拓活動は加熱する一方だった。

こうしてララ・フェスタの姉妹は新大陸グラナド・エスパダに渡った。
オルペシア暦1533年初秋のことだった。


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:0  Trackback:0  Page top 

 このブログについて 

Lala-Festa Bibliotecaにようこそ

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

ララ・フェスタ家の書庫へ、ようこそいらっしゃいました。

当家はオポルトの武家を起源とする旧家でございます。
16世紀には開拓全盛期の新大陸に渡り、その拠点をここグラナド・エスパダに移しました。
3年戦争で亡くなった当主に代わり、新大陸にて当家を再興したのはふたりの姉妹とその仲間たちでございます。
残念ながら歴史に名を残すほどの開拓者ではありませんでしたが、グラナド・エスパダ開拓の礎になったと私共は考えております。

さて、こちらの書庫でございますが、主にその時代の書籍を所蔵しております。
貴方様のお気に召す書籍がございますでしょうか?
私は隣室に控えておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

オルペシア暦2009年9月18日 ララ・フェスタ邸書庫にて



Lala-Festa Bibliotecaはオンラインゲーム「グラナド・エスパダ プラス」の2次創作ブログです。
基本的にどれもこれもフィクションです。
攻略記事はないけどネタバレや設定ミスはあると思います。
のんびりダラダラがモットーです。

こんなんだけど、もしよかったら、よろしくでっす!ヽ(≧▽≦)ノ


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:3  Trackback:0  Page top 
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。