スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Page top 

 『失われし文明を求めて』 

序文

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

本書は、新大陸グラナド・エスパダの先住民が築き、そして失われた文明の研究書である。
また同時に、僕の目で見た新大陸に関する報告書である。
妹のベルナデットと共に新大陸へ渡ったのは1533年の10月3日のことであった。
東風神の祝福を賜ることができず、彼女は船上で誕生日を祝うことになってしまった。

僕とベルナデットはイノリー北部自由市の商家の生まれだ。
父の期待に背き、兄妹揃って象牙の塔に身を置いてしまった親不孝者だと自覚している。
しかし、博物学者として成果を挙げることにより恩に報いたく思い、筆を執った。

1533年1月、大学の研究室にてベスパニョーラ王立学会からの書簡を受け取った。
それは新大陸グラナド・エスパダの先史文明の調査要請であった。
未だに謎が多く、世界地図に空白を作っている大陸を実地研究できるのである。
第三文明エラクとの通商も開始され、原住民との交流も始まっている。
グラナド・エスパダの研究こそ今を生きる学究の徒として最大の使命であろう。

本書がオルペシアの諸氏に、グラナド・エスパダを正しく知る一助になれば幸いである。
また、開拓民同志による開拓前線の消滅を早めることができるのであれば、これに勝る喜びはない。

執稿にあたり多大な協力をしてくださった、
ベスパニョーラ王立学会並びに新大陸拓殖株式会社の皆様、
偉大なお父上を持つエミリア・ジアニノ女史、
そして、永遠の好敵手ララ・フェスタ家の姉妹に、御礼申し上げたい。


哲学博士エルネスト・シャルローム


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:1  Trackback:1  Page top 

~ Comment ~

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです





        
 

~ Trackback ~

http://lalafesta.blog99.fc2.com/tb.php/17-c0ba5b0e
-
管理人の承認後に表示されます
 
 ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。