スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Page top 

 『ララ・フェスタ家の年代記』 

渡航前夜

(c) IMC Games Co., Ltd. Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

1520年、3年戦争に従軍していた騎士レオン・ララ・フェスタが戦死。
まだ幼い長女カレンが当主を継承した。
しかし、後見人を名乗る親戚によってララ・フェスタ家は領地と財産の多くを失った。

1523年、エスペランサ女王によるレコンキスタ勅令発布。
幼き当主は家門再興を新大陸開拓によって果たすことを誓う。

1532年、王都の士官学校を中退した、カレンの妹ユキノが帰省する。
姉カレンの新大陸行きに気づいてのことだった。
この頃、王党派支援を目的として、女王から開拓家門への援助が約束されていた。
カレン・ララ・フェスタはそれに目をつけていたのだった。

1533年、最後の財産である屋敷を売り、カレンとユキノは新大陸を目指した。
第3文明エラクの発見に沸き、新大陸の開拓活動は加熱する一方だった。

こうしてララ・フェスタの姉妹は新大陸グラナド・エスパダに渡った。
オルペシア暦1533年初秋のことだった。


 テーマ:グラナド・エスパダ  ジャンル:オンラインゲーム

 Comment:0  Trackback:0  Page top 

~ Comment ~






        
 

~ Trackback ~

http://lalafesta.blog99.fc2.com/tb.php/2-60d7d267
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。